「サーバーって何?」という人にこそエックスサーバー

目次

サーバー=WordPressの容れ物です

WordPressを導入するうえで、欠かせないのがレンタルサーバー。データなどを保管しておく場所です。インターネット上で使える状態にするためにはさまざまな条件がありますので、個人で利用する場合はレンタルサーバー会社から借りるという形が一般的です。

私の選ぶ基準は4つ

WordPressはサーバーにインストールするため、まずはレンタルサーバーの契約は必須です。
いろいろな会社がありますが、私の選択基準はこちらです。

  1. 設定が簡単
  2. 料金が安い
  3. 稼動が安定している
  4. 評判がいい

設定が簡単

かつてホームページを運営していたので、サーバーの利用にはいろいろと設定が必要そうだということだけは知っていました。なので、最優先は【設定が簡単にできそうか】という点にしました。初心者向けのマニュアルがあるかが大きなポイントです。サポートが充実しているのは当然ですが、提供時間が営業時間内だったりすると夜中の作業では困ってしまいます。ユーザーが自分のタイミングで見られるマニュアルがあるのはやはり重要です。

料金が安い

個人のウェブサイト運営ですから、費用は抑えられるに越したことはありません。プランによっては初期費用がかかるものとかからないものがあります。私ははじめ「初期費用がかからず一番安価なプラン」でスタートしました。自分がどこまで運営できるか、自信がなかったというのもあります。損をしたくなかったんですね。
ただ、自分で利用料金を支払うと「更新しないともったいない!」というモチベーションになります。そこが無料ブログサービスとの大きな違いです。

ちなみに初期費用がかからないプランは、クラウドというタイプのサーバーが多いです。費用が安い代わりに、1契約につき1サイトしか運営できないといった制限があります。とりあえず試してみたいという方は、月額500円程度ですので気軽にトライできますね。

稼動が安定している

サーバーは24時間365日、変わらずに動いていてくれないと困ります。何事もなく稼動してくれることが一番です。
通常時はもちろん各社問題なく稼動していますが、何かで注目を集めアクセスが集中する事態になったとき(いわゆる「バズった」ときですね)、サーバー自体の能力や運用体制次第ではサイトが閲覧できなくなることがあります。「サーバーダウン」という状態です。
なかなかサイト運営を始めたときにはイメージがつきませんが、それだけの注目を集める日が来たときのために、稼動の安定した会社を選びましょう。

評判がいい

サーバーに求める内容やレベルは人それぞれですが、WordPress導入の先輩であるサイト運営者の意見は大いに参考になります。また、困ったことを調べるときにも、ユーザーの多い業者は情報も多くなります。特にサイトを立ち上げて間もない方の評価は自分の感覚にも近いでしょう。お気に入りのブロガーさんやサイトがあるなら、そのサイトはどこのサーバーを利用しているのかを意識してみるのもいいですね。

おすすめはエックスサーバー

私の結論は、エックスサーバーでした。
他社も検討しましたが、いろいろなサイトでもおすすめしているだけあって、やはり定番は強いなという印象です。
ちなみにWordPressに特化したwpXもありますが、やはりエックスサーバー をおすすめします。私は当初wpXを契約していたのですが、一番低いグレードで契約していたため複数ドメインの運用ができず、結局1ヶ月でエックスサーバーに乗り換えました。(ちなみにどちらもエックスサーバー社が運営していますが、契約は別形態のため、解約→新規契約となります。)

まったくの初心者からスタートしたのですが、個人的に一番のハードルは「お金をかけること」でした。無料でもできるブログにお金をかけて、そこまで自分はやりたいのか?としばらく自問していたくらいです。
でも結局好奇心が勝り、サイトを開設して今に至ります。「なんであんなに契約をためらっていたんだろう…」と、当時の自分が不思議なくらいです。

ちょっとでも気になるなら、思い切って始めてみましょう!やって無理なら解約すればいいのです。ただ、解約する前に…一度私にお手伝いさせていただければ嬉しいです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる