エックスドメインで独自ドメインをゲットしよう

ワードプレスを始めようかな、というと必ず出てくる言葉に「サーバー」と「ドメイン」があります。サーバーについてはすでに書いたので、今回はドメインについてです。エックスサーバー利用なら断然エックスドメイン がおすすめです。

目次

ウェブサイトにはドメインが必要

サイト作成で欠かせないのがドメイン設定。URLに関わる重要なポイントです。

ドメインとはネット上の住所

「ドメイン」(domain)という言葉の意味は【領域】です。
インターネットでは、IPアドレスというインターネット上で「ここ!」と特定できる情報が必要です。ただ、IPアドレスは数字の並びなので覚えにくいもの。そこで「ドメイン」という別名をつけることができます。
実際の住所で考えるとわかりやすいですね。緯度や経度で位置情報は決まりますが、郵便物を届けるには「東京都千代田区永田町1丁目7−1」といった住所が必要になります。その住所がドメインになります。※例に挙げたのは国会議事堂の住所です。

自分で住所が決められる

ウェブサイトの住所であるURLは【https://www.~.com】といった形式になっています。【.com】の部分は【.ne.jp】などいろいろありますが、ここは「トップレベルドメイン」と呼ばれます。様々な種類があり、その中から選択することになります。「独自ドメイン」は【~】の部分を自分の好みの文字にすることを指します。

日本語も指定できるがアルファベットを推奨

URLが日本語のサイトを見たことはありませんか?独自ドメインでは日本語の指定も可能です。ただ、インターネットがせっかく世界中からアクセスできることを考えると、アルファベットのほうが検索しやすいですよね。個人的にはアルファベットを推奨します。トップレベルドメインは特にこだわる必要はありません。使いたい言葉が他で取得済みだったら、トップレベルドメインを変更して空きがないか探してみましょう。

エックスサーバーならエックスドメインがおすすめ

ドメインはそのままでは使えません。ドメイン情報をサーバーに設定する必要があります。系列会社だと設定値もマニュアルのままでいいのでおすすめです。

サーバー会社のキャンペーンをチェックする

ドメインとサーバーは一般的に別の契約となります。エックスサーバー ではタイミング次第では「ドメインプレゼントキャンペーン」を実施しています。ドメイン契約をする前に、サーバー会社でキャンペーンがないか確認してみましょう。

サーバー会社と提携していると設定が楽

ドメイン取得をサーバー会社もしくは提携会社で行うと設定が簡単です。エックスサーバー のマニュアルも、エックスサーバー社のエックスドメイン を例にしたものになっています。会社が変わると設定値が変わるので、同じ会社もしくは提携している会社でのドメイン取得がおすすめです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる